Thứ Năm, ngày 16 tháng 4 năm 2015

事実

事実


 シオン修道会は、一〇九九年に設立されたヨーロッパの秘密結社であり、実在する組織である。一九七五年、パリのフランス国立図書館が〝秘密文書〟として知られる史料を発見し、シオン修道会の会員多数の名が明らかになった。そこには、サー・アイザック・ニュートン、ポッティチェルリ、ヴィクトル・ユゴー、そしてレオナルド・ダ・ヴィンチらの名が含まれている。

 ヴァチカンに認可された属人区であるオプス・デイは、きわめて敬虔なカトリックの一派だが、洗脳や強制的勧誘、そして〝肉の苦行〟と呼ばれる危険な修行を実施していると報道され、昨今では論争を巻き起こしている。オプス・デイは、ニューヨーク市のレキシントン・アヴェニュー二四三番地に、四千七百万ドルをかけて本部ビルを完成させたばかりである。


 この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、すべて事実に基づいている。


《主な登場人物》


ロバート・ラングドン……ハーヴァード大学教授宗教象徴学専門
ソフィー・ヌヴー……フランス司法警察暗号解読官
ジャック・ソニエール……ルーヴル美術館館長
アンドレ・ヴェルネ……チューリッヒ保管銀行パリ支店長
リー・ティービング……イギリス人の宗教史学者
レミー・ルガリュデ……ティーピングの執事
マヌエル・アリンガローサ……オプス・デイの代表司教
シラス……オプス・デイの修道僧
ジョナス・フォークマン……ニューヨークの編集者
ペズ・ファーシュ……フランス司法警察中央局警部
ジェローム・コレ……同警部補

プロローグ

パリルーヴル美術館午後十時四十六分

 ルーヴル美術館の高名な館長、七十六歳のジャック・ソニエールが、グランド・ギャラリーのアーチ形通路をもつれる足で進んでいた。いちばん近くにある絵へどうにか駆け寄った。カラヴァッジョだ。ソニエールは金箔の施された額をつかみ、名画を力まかせに手で引いて壁から剥がした。そのままよろめいて仰向けに倒れ、キャンバスの下敷きになった。
 予想どおり、そばですさまじい音を立てて鉄格子が落下し、グランド・ギャラリーの入口とのあいだをさえぎった。寄せ木張りの床が震える。遠くで警報が鳴りはじめた。
 ソニエールはしばし横たわったまま息をあえがせ、状況をたしかめた。自分はまだ生きている。絵の下から這い出し、洞窟さながらの空間を見て、隠れる場所がないかと目で探した。
 ぞっとするほど近くから声が響いた。「動くな」
 手と膝を床に突いた恰好で、ソニエールは凍りつき、ゆっくりと首をめぐらせた。
 わずか十五フィート先の鉄格子の向こうから、襲撃者の大きな影がこちらを見おろしている。長身で頑丈そうな体躯を持ち、肌は蒼白で、髪も真っ白だ。ピング色の虹彩が暗い赤の瞳孔を囲んでいる。その色素欠乏症の男はコートから拳銃を取り出し、鉄格子越しにソニエールへねらいをつけた。「逃げても無駄だ」どこのものとも判別しにくい訛りがある。「場所を教えろ」
「もう言ったじゃないか」無防備な体勢でひざまずいたまま、ソニエールは途切れがちな声で答えた。「なんの話か、さっぱりわからない」
「嘘をつくな」男は微動だにせず、ソニエールを見つめた。目に光が揺らめくだけだ。
「おまえや同胞たちは、おのれに属さないものを隠し持っている」
 ソニエールはアドレナリンが体を駆けめぐるのを感じた。なぜそれを知っている?
「今夜、正当な守護者がその地位を取りもどす。隠し場所を教えれば命は助けてやる」男はソニエールの頭に銃口を向けた。「命を懸けるほどの秘密なのか?」
 ソニエールは息ができなかった。
 男は首をかしげ、銃の照準を合わせた。
 ソニエールは屈服のていで両手をあげた。「待ってくれ」ゆっくりと言う。「そちらの知りたいことを教える」そして、慎重にことばを選んで数語を発した。それは、繰り返し練習してきた嘘だった……心で唱えるたびに、実際に口にする機会がないことを祈っていたのだが。
 ソニエールが話し終えると、襲撃者はわが意を得た顔で笑みを浮かべた。「よし。ほかのやつらが言っていたこととまったく同じだ」
 ソニエールは驚きに打たれた。はかのやつら?
「見つけたんだよ」大男はあざ笑った。「三人ともな。おかげでいまのおまえの話が嘘ではないと確認できた」
 そんなはずはない! 自分と三人の参事の正体は、みずからが守る古代の秘密に劣らぬほど厳重に隠されている。死を前にした参事らが、厳密に定められた手順に従って同じ嘘を教えたのだとソニエールは直感した。それは取り決めのひとつだった。
 襲撃者はふたたび銃のねらいを定めた。「おまえが死ねば、真実を知る人間はおれだけになる」
 真実。その刹那、ソニエールはこの状況が持つ真に恐るべき意味を悟った。もし自分が死んだら、真実は永遠に失われる。思わず、遮蔽物を求めて這い進もうとした。
 銃声がとどろき、腹に銃弾が突き刺さった瞬間、焼けつく熱さを感じた。激痛と闘いながら、前のめりに倒れる。少しずつ体をひねり、鉄格子の向こうの襲撃者に日を凝らした。
 銃口はまっすぐ顔へ向けられている。
 ソニエールは目を閉じ、おのれのなかで恐怖と後悔が激しく渦を巻くのを感じた。
 弾切れを伝える硬い音が通路に響いた。
 ソニエールはすばやく目をあけた。
 男は楽しげな表情で銃に視線をやった。ふたつめの弾倉に手を伸ばしたが、考えなおしたらしく、ソニエールの腹を見て冷たく微笑んだ。「ここでの仕事は終わりだ」
 ソニエールが下を向くと、白いリネンのシャツに銃弾の穴があいているのが見えた。胸骨の数インチ下あたりから、血が小さな円の形にしみ出している。胃だ。銃弾が心臓をそれたのは残酷ですらある。アルジェリア戦争に従軍したソニエールは、この恐ろしく緩慢な死を目撃した経験を持っている。腹脛へ漏れ出した胃酸によって、中から徐々に体が侵されていき、死に至るまで十五分はかかるだろう。
「苦痛は善だ、ムシュー」男は言った。
 そして立ち去った。
 ひとりになったジャック・ソニエールは、ふたたび鉄格子を見つめた。自分を閉じこめているあの扉は、少なくともあと二十分は開かない。助けが来るころに、自分の命はもはやあるまい。だが、心をとらえていたのは、死そのものに対するよりもはるかに大きな恐怖だった。
 秘密を伝えなくてはならない。
 ふらつきつつ身を起こし、殺された三人の同志の姿を心に描いた。何代もの先人たちのことを……そして彼らに委ねられた使命を思い起こした。
 途切れることなくつづいた英知の鎖。
 あれだけ警戒し……あれだけ安全策を施したにもかかわらず……いまや自分こそがただひとつ残された鎖の環、歴史上有数の秘密を守り伝える唯一の人間になってしまった。
 ソニエールは震えながら、なんとか立ちあがった。
 何か方法を見つけなくては・…‥

グランド・ギャラリーに閉じこめられた身では、希望の光を託せる相手はこの世にひとりしかいない。ソニエールは絢爛たる監獄となった通路の壁に目を走らせた。世界で最も有名な数々の絵が旧友のごとく微笑みかけている気がする。

Thứ Bảy, ngày 03 tháng 1 năm 2015

Extracted from white fang

Bill grunted his disagreement with the diagnosis, and lapsed into silence. The day was like all days. Light came at nine o'clock.. At twelve o'clock the southern horizon was warmed by the unseen sun, and then began the cold grey of afternoon that would merge, three hours later, into night.

Thứ Sáu, ngày 02 tháng 1 năm 2015

Có khó khăn thì mới có sự nỗ lực, có nỗ lực mới có thành công

Đầu tiên

This is newest post when etablish new domain.
All today was so bored. Sleep morning, afternoon. And awake in midnight.
So, I was happy, cause i post my thoughts. I've think so much about everything.
Hope someone read this blog can enjoy it.
I will started post article into this blog like jounalist. Train my english writing skill.
Hope it fun.!!!

Thứ Năm, ngày 01 tháng 1 năm 2015

Tên miền mới mobi4u.tk

Website đã cập nhật tên miền mới tại địa chỉ mobi4u.tk. Đây sẽ là chuyên trang về Ngôn ngữ phổ thông và ngôn ngữ lập trình
Cụ thể là Tiếng Anh, Tiếng Nhật (Ngôn ngữ phổ thông)
PHP, Java, Android, AVR , PIC microprocessor (Ngôn ngữ lập trình)

Chủ Nhật, ngày 07 tháng 12 năm 2014

Mỗi năm đến hè lòng man mác buồn chín mươi ngày qua chứa chan tình thương